いなちくロングライド・公式ブログ

佐用町といえば、ひまわりを連想される方も多いのではないでしょうか。

夏の間、緑の景色の中に大きく広がる鮮やかなひまわりの姿を見に、県外からも多くの人たちがお越しになります。

そんなひまわりですが、実は観賞で楽しむだけではなく、健康にもとても良いってみなさん知ってました?

Himawari kan  3  22

今回は、知られざるひまわりの魅力について、佐用町の南光ひまわり館でお話を聞いてきました!

南光ひまわり館

Himawari kan  2  22

南光ひまわり館は、佐用町の北部、船越にあるひまわり油の製造・商品開発・販売を行っている施設です。

Himawari kan  5  22

ひまわり油とは?

ひまわり油というのは、その名の通りひまわりから採れる油のことなのですが、実はこの油、無添加コレステロールゼロ、かつオリーブオイルの約10倍のビタミンEを含むという、とても身体に優しいヘルシーオイルなのです。

Himawari kan  11  22

そんなひまわり油、実は280gボトル一本分作るのに、ひまわりの花を約80本必要とし、年間でも限られた数しか製作することができません。

Himawari kan  5  22

さらにこちらのひまわり搾油設備は、日本にも数台しかないそう。

Himawari kan  6  22

ボトル詰めはすべて手作業で行われ、すべての工程を終えるまでに一週間以上かかるそうで、とても手のかかった商品だということがわかります。

しかし何がすごいって、ひまわり祭りの開催に合わせて地元で栽培されたひまわりが、観賞用としての役割を終えた後、さらに地元の手によって商品となり販売されているというそのサイクル。素晴らしい仕組みですね。

お土産バリエーションも豊か

ひまわり館では、ひまわり油だけでなくそれを用いた商品や地元のお土産も充実しています。

Himawari kan  7  22

Himawari kan  17  22

中でも人気が高いのはドレッシング。あっさりした風味で使い勝手が良く、ヘルシーなのでお土産にも大人気だそう。

Himawari kan  16  22

また、ひまわり油にフレーバーを加えたシリーズも最近人気上昇中。

Himawari kan  12  22

ガーリック、唐辛子、ローズマリーの三種類で、スタッフさんイチオシはローズマリー。炒め物などに加えると、とても良い風味が加わるそうです。

この他にも、ひまわり油を含んでつるつる食べられるひまわりの手延うどんだったり

Himawari kan  13  22

ひまわり油とオリゴ糖を配合したひまわりの飴

Himawari kan  15  22

ひまわりの種に玉子とハチミツで作ったひまわりせんべいなど

Himawari kan  14  22

バリエーション豊かな商品たちを楽しむことができます。

また、地元の採れたて野菜なども販売中。

Himawari kan  8  22

この時はお昼過ぎだったのですが、朝一の入荷後はもっとラインナップが豊富だそう。

にんじんやキュウリなどのベーシックなものから、青はぐら瓜のようなニッチなものまで取り揃えられています。

また、いなちくロングライドが開催される秋から冬にかけては、ひまわり油商品はもちろんのこと、おもちの製造も行われています。

こちらのおもちは地元民からも人気で、ツーリング中に立ち寄って軽食として食べられていかれるような方も多いそうなので、ロングライド参加者の方は要チェックです!

通販もやってます

調味料 2016 08 19 12 07 52

ここで紹介した商品は、なんと通販でも購入可能!
遠方にお住まいのファンの方も、通販を用いて定期的に購入されているそうです。

佐用町はちょっと遠いけど、ひまわり油興味あり!という方は、是非一度通販でお試しセットなどを購入されてみてはいかがでしょう?

>>>佐用町南光ひまわり館

中にはレストランも

ひまわり館の中には、季節野菜やひまわり油を用いた料理が食べられるレストランもあります。

この日は、ひまわり油で揚げたカツカレーを頂いてしまいました!

Himawari kan  18  22

普通の油と全然違いって全然油っぽさを感じないのに、超サクサク!!

Himawari kan  19  22

思わずおかわり言いたくなってしまいそうな位さらっと食べられて、普通のカツカレーはちょっと重すぎる・・・というような方にもオススメです。

他にも季節野菜と先ほど紹介した手延うどん、ドレッシングを用いたサラダ風ひまわりうどんも人気商品の一つだそう。

Himawari kan  4  22

ひまわり館へのアクセス

Himawari kan  1  22

ひまわり館は、佐用ICから車で約20分。佐用町北部の国道72号線沿いにあります。

所在地 〒679-5227 兵庫県佐用郡佐用町船越232-1
電話番号 0790-77-0766
営業時間 午前9時〜午後5時
定休日 月曜日(祭日の場合は翌日が休館)
Webサイト http://www.himawarikan.jp/

せっかく佐用に来たのなら、ぜひこの南光ひまわり館にお立ち寄り下さい!
ひまわりの知られざる魅力と、素敵なお土産に出会えるかもしれませんよ??

Facebookページで更新情報を

いなちくロングライドに関する地域の魅力をどんどん紹介していますので、ぜひ公式Facebookページをいいね!して、最新情報をチェックして下さい^^

>>>いなちくロングライド実行委員会公式Facebookページ

大会への参加エントリーもお待ちしています!

>>>大会エントリーについて